ホーム / メールマガジン /

正しさを手放す

正しさを手放す

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私たちの周りには、

正しいことが溢れています。

時間を守ることが正しい、

親切にするのが正しい、

儲かるのが正しい、などなど。

そして私たちを苦しめるのは、

いつも正しさです。

でも正しさってなんなんでしょう?

学校や会社、社会にとって

都合のいい人間になるように

植え付けられた思い込みです。

子供がふと万引きをしてしまい、

家に帰ってからどうしてそんなことを

してしまったのか苦しみます。

赤ちゃんがたまたま商品を握って

店を出てしまっても苦しむことはありません。

正しさの価値観がないから。

宇宙レベルで見れば地球のごく狭い範囲内で、

物質がどこかからどこかに移動しただけです。

正しいもなにもない。

いま、私たちの世界には正しことが溢れ、

そしてどんどん増えています。

私がサラリーマンのころはビジネス会話で

「了解しました」って普通に使っていたのですが、

いまは「承知しました」の方が正しいそうです。

八百屋、魚屋、床屋という言い方は正しくなくて、

青果店、鮮魚店、理容店が正しいそうです。

なんだかなぁ。(笑

私の祖父が戦争から戻ってサラリーマンをしているころは、

事務所でタバコを吸うのは当たり前でしたし、

午後3時を過ぎると「そろそろ一杯やるべーか」

とビールを飲みながら仕事をしたそうです。

本当?(笑

正しいことが増えるほど、

世の中も自分も窮屈になってゆきます。

でも我々経営者は

そんな世の中にはびこる正しさに縛られていては

仕事になりません。

談合? 賄賂? 不倫? 何が悪い?

金で解決じゃー!

という社長さんがいたら、

いまの世の中的には正しくありません。

でもなんだか楽しそう。(笑

宇宙レベルで見たら、

正しいことなんてなにもありません。

あなたがなにか苦しんでいる時は、

正しさに縛られているせいです。

でもそれは今の社会で一時的に通用するだけの、

ただの思い込みです。

正しさを手放しましょう。^^

【質問】それって、正しいですか?

正しいことなんて、なにもないのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました