ホーム / メールマガジン /

「誰に何を売るか」と「何を誰に売るか」

「誰に何を売るか」と「何を誰に売るか」

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「誰に何を売るか」と「何を誰に売るか」は

けっこう違います。

「何を誰に売るか」は商品ありき。

大企業のマーケッターがよく、

購入者のペルソナを設定して云々とか言っていますが、

中小企業レベルだとピンときません。

だってお客さんが目の前にいて表情がわかるのですから、

理屈をこねくり回さないで聞けばいいのです。

「誰に何を売るか」はお客さんありき。

目の前のお客さんが満足してくれることなら

なんでも売ります。^^

先週、おもてなしナンバーワンと言われる

青山のカシータに行く機会がありました。

お高くとまったレストランかと思っていたのですが、

お客さんのためならなんでもやる!

というむしろ体育会系のノリでした。

私はちょい苦手。。(笑

「商品を開発しちゃったから誰に売るのか考える」のと、

「あの人を喜ばせるためにこういう商品を開発する」

では全然エネルギーが違いますよね。

三菱自動車が話題ですが、

「車を開発して売らなきゃ株主・上司から怒られるから売る」

という感じで、

商品に対する愛も、お客さんに対する愛も感じられませんね。

職人的な性質の強い人は商品にこだわればいいですが、

中小企業経営者ならばお客さんの幸せにこだわった方が、

楽な経営ができますよね。^^

【質問】誰と何、どっちが先ですか?

私は中小企業社長に、こだわります。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました