ホーム / メールマガジン /

『龍馬がゆく』の好きなフレーズ集1

『龍馬がゆく』の好きなフレーズ集1

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

司馬遼太郎の『竜馬がゆく』から、

田島が好きなフレーズ集です。^^

*****

すわるより歩けばよいではないか。

とひそかに考えた。

禅寺に行って、半刻、一刻の座禅をするよりも、

むしろそのつもりになって歩けばよい。

いつ、頭上から岩石がふってきても、

平然と死ねる工夫をしながら、

ひたすらそのつもりで歩く。

岩石を避けず、受け止めず、

頭上に来れば平然と迎え、

無に帰すことができる工夫である。

*****

衆人がみな善をするなら、

おのれひとりだけは悪をしろ。

逆も、またしかり。

英雄とは、

自分だけの道をあるくやつのことだ。

*****

男には、農夫型と猟師型がある。

野の片すみに安住して作物を植え、女房を愛し、

子を育てることによろこびを見出す型と、

山野を踏みわけ、山から山へと獣を追い、

ついには家郷を忘れる型のふたつである。

*****

ものの大意を大づかみにつかみ、

その本質をさぐりあてる才能。

*****

竜馬は、議論しない。

議論などは、よほど重大なときでないかぎり、

してはならぬ、と自分にいいきかせている。

もし議論に勝ったとせよ。

相手の名誉をうばうだけのことである。

通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は

変えぬ生きものだし、負けたあと、

持つのは負けた恨みだけである。

*****

「おれは奇策家ではないぞ。

 おれは着実に物事を一つずつきずきあげてゆく。

 現実に合わぬことはやらぬ。それだけだ」

*****

大人になっても竜馬は一人で歩いている。

人を手下にしようと思ったことは一度もなかったし、

人の手下になろうとも思ったことがない。

もともと城下の富裕な郷士の次男坊の生まれである。

自然、権力欲というものが薄かった。

ひとの上に立ちたい、

という気持ちがほとんどなかったといっていい。

*****

「籐兵衛、人間はなんのために生きちょるか知っちょるか」

と、竜馬は膳ごしにいった。

「事をなすためじゃ。ただし、ことをなすにあたっては、

 人の真似をしちゃいかん」

世の既成概念をやぶる、

というのが真の仕事というものである、

と竜馬はいう。

だから必要とあれば大名に無心をしてもよい。

*****

「人の一生というのは、

 たかが五十年そこそこである。

 いったん志を抱けば、

 この志にむかってことが進捗するような手段のみをとり、

 いやしくも弱気を発してはいけない。

 たとえその目的が成就できなくても、

 その目的への道中で死ぬべきだ。

 生死は自然現象だからこれを計算に入れてはいけない」

【質問】ピンとくるの、ありました?

たまに読み返したくなります。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました