ホーム / メールマガジン /

いちばん簡単な信頼の作り方

いちばん簡単な信頼の作り方

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

信頼って、

大事ですよね?(笑

そもそも信頼されていなければ、

お客さんは商品を買ってくれませんし、

部下も表面的にしか言うことを聞いてくれません。

じゃあどうすれば信頼をしてもらえるのかというと、

人格を磨くとか抽象的なところにいってしまいがちですが、

いちばん簡単な信頼の作り方をお伝えします。^^

いちばん簡単な信頼の作り方は、

小さな約束をしてそれを守ることです。

私はサラリーマン時代、

新しい事業地にトップとして何度か赴任しました。

田舎なのでそこにはおじちゃん、おばちゃん、

なんならおじいちゃん、おばあちゃんばかりです。^^;

そこで、

「新しくきた田島さんはダメねぇ」

とか言われたら即終了です。

なので、

小さな約束をたくさんして、

それを守ります。

それはもう本当に小さなことで、

スリッパが古いから新しいのがほしいとか、

ドアの立て付けがわるくて困っているとか、

そんなレベルのことです。(笑

そういうことを聞いたらすぐにメモして、

絶対忘れないようにして、

相手の予想を上回るスピードで実行します。

こんなことを10回もしたらもう、

「田島さんはスゴい!」

と信頼してもらえるようになります。^^

一度信頼してもらえばもうこっちのもので、

相手にちょっと大変なことをお願いしても頑張ってくれますし、

お願いされたことを多少忘れても許してくれます。(笑

そしてこのやり方は、

起業した今でも同じです。

誰かからお願いされて自分が「やる」

と言った(約束した)ことは絶対にします。

だから私はほとんど約束をしません。(笑

またお願いをされなくても、

自分から小さな約束をしてそれを守ることも、

とても効果があります。^^

例えば相手が「この本が面白かった」と言ったら、

「読んでみますねー」と言ってその場で注文して、

2〜3日後に「すごく面白かったです!」と伝えます。

これはけっこう嬉しくないですか?

しかもその相手が書いた本であったり、

宣伝までしてくれたらもう最高です。(笑

小さな約束を守ることで信頼が生まれます。

自分が守れる小さな約束を、

積極的にしてゆきましょう。^^

【質問】小さな約束、守っていますか?

信頼があれば、生きるのが楽チンです。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました