ホーム / メールマガジン /

うちの近所のラブホの看板

うちの近所のラブホの看板

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
こちらはうちの近所にある

ラブホテルの看板です。(笑
2020.06.15
安心・安全の【コロナ対策】

3密回避、衛生管理の徹底として、

取り組み一例を写真で解説しています。



これは非常に素晴らしいですね。^^

でもこういう取り組みを否定する人もいます。



「どこでも当たり前にやっていることを、

 わざわざ言う必要がない」


「こうして書いていても、

 お客さんが信じてくれるかわからない」



こういう発想は、

職人気質の人に多い気がします。^^;



たとえ同業種が当たり前にやっていることであっても、

“あえて”説明することで、

お客さんの安心感が違ってきます。^^



例えばエアコンの取り付け業だとして、、


「エアコンの故障原因の9割が、

 〜にあることを知っていますか?


 当社ではその対策として、

 通常は1ヶ所しか固定しない〜を、

 2ヶ所固定することで、

 安心してお使いいただけます」



てきとうに書いた例ですが、

なんとなく説得力と安心感があります。(笑



しかも実は悪徳業者でない限り、

ほとんどの業者は2ヶ所固定しているとしても、

表明することに意味があるんです。



他にもクリーニング屋さんが、

「当社は40℃のお湯でクリーニングしています」と言うと、

たとえほぼ全てのクリーニング屋がそうだったとしても、

なにか違いを感じますよね。(笑



あとこの看板でいいなと思ったのが、

【コロナ】と言い切っている点です。



正確に書こうとすると【新型コロナ】とか、

【COVID-19(新型コロナウイルス感染症)】みたいに

わけのわからない表記にしてしまいがちです。



でも人々の頭の中は【コロナ】ですよね。

お客さんが頭の中で使っている言葉と、

自社で伝えたい言葉の違和感をなくすこと。



というわけでラブホテルの看板を

ネタにさせていただきました。^^



【質問】お客さんの頭の中にある言葉で、“あえて”伝えていますか?



レイアウトも、いいですよね。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました