ホーム / メールマガジン /

おばんざい屋のカレーなる変身?

おばんざい屋のカレーなる変身?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
リタイヤ後の老夫婦が経営する

京都のおばんざい屋さんの経営がピンチで、

それを立て直す企画をテレビで見ました。



悪いところは見当たらないのに、

月に30万円の赤字とのことでした。



家賃はせいぜい10万円くらいで、

まさか給料を取ってるわけでもないでしょうし、

なんで30万円も赤字なんでしょう? ^^;



で、その立て直しに、

なんと年商360億のかつやの社長が

取り組む企画です。



こんな人が出てきたら、

実際に経営をしたことのないコンサルタントなんて

商売あがったりだなぁと思いました。^^;



で、かつやの社長はかなり入れ込んで、

綿密な調査をした上で、

こんな提案をしていました。


1.夜営業をやめてランチ営業にする

2.ターゲットを若年層にする

3.カレー専門店にする



おおう、、

かなり大胆な提案で、

私にはとてもできません。。^^;



私だったら、

この老夫婦が一番に実現したいことは何か、

ということから考えます。



この老夫婦が実現したいことは、

あくまで私の想像ですが、

夜営業の和風のおばんざい屋で、

常連のおっさんから「美味しい美味しい」って言われながら、

「親父も一杯飲みなよ」なんて関係を

望んでいるんだと思います。



若者相手にランチでカレーを売るなんてことは、

きっとぜんぜんやりたくないはず。

だったらココイチのバイトでも同じです。



かつやの社長はもちろんテレビ的にでしょうが、

いまある場所で、

経営がうまくいくことだけ、

を考えたんだと思います。



私はこの老夫婦が、

テレビ局のおもちゃにされたように

思えて仕方がありません。。



私だったらどうするかというと、

この店は認知をされていない可能性が高いと思うので、

入りやすくなるようにファサードの改善をした上で、

近所の会社や家にチラシを持って営業に行きます。



リピート対策としてLINE@でもやらせたいところですが、

老夫婦には無理なのであきらめます。

できそうなことは定期的なハガキや、

店頭にメッセージ看板を出したりですかね。



他にもできることを並行しながら

1〜2ヶ月やってみて改善の兆しがないなら、

店の移転を考えるか、

年齢を考え、いさぎよく廃業を勧めます。



実業家とコンサルタントは

考えることが違うと思い知らされました。



私は中小企業の経営が

うまくいって欲しいのはもちろんですが、

それよりも社長の人生、

そこで働く人たちの人生がうまくいくことを望んでいます。



【質問】本当に実現したいことは、なんですか?



カレーじゃない。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました