ホーム / メールマガジン /

お客さんがめちゃくちゃ怒ってました

お客さんがめちゃくちゃ怒ってました

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

少し前の話しです。

量販店でタブレットを買おうとしたところ在庫がなく、

1週間後くらいの配送の日時を指定して

送ってもらうことになりました。

翌日から出張する予定だったので、

どうしてもその日に受け取りたく

ワクワクしながら待っていたのですが、

指定の時間を過ぎても届きません。

で、お店の配送センターに電話をしてみたら、

メーカーの在庫切れでまだ発送していないとのこと。

なんですとっ!?

それっておかしくないですかい?

在庫切れで届けられないのは仕方がないとしても、

最低でも前日に連絡をするものじゃないですか??

配送センターのお姉さんは謝ることしか出来ません。

「うーん、不満はありますがあなたが悪いわけじゃないので、

 社内の該当する部署に『お客さんがめちゃくちゃ怒ってました』

 と伝えてください」

ということで電話を切りました。

ワクワクと待っていたので残念な気持ちはありましたが、

電話口のお姉さんに怒りをぶつけるのは違いますよね。

きっとそのお姉さんは該当部署に、

『お客さんがめちゃくちゃ怒ってました』

と伝えるでしょう。^^;

私の感情コントロールのコンセプトは、

感情に10段階あったら6から7くらいを維持して、

めちゃくちゃ喜んだりしない代わりに、

そう落ち込まないようにしようと思っています。

だからいつもニコニコ、ニヤニヤ?しているように見られます。^^;

1時間ごとに感情に点数をつけて24時間を合計して、

それを人生の最初から最後の日までを合計したら、

人生の総感情ポイントです。

中には、「めっちゃ稼いだぜ!」と

ドカーンと100の感情を味わったと思ったら、

逮捕されてマイナス1000の感情を味わうような、

ジェットコースターのような人生を歩く方もいます。

まあ振り幅や過程はそれぞれ好きでいいと思うのですが、

人生の総感情ポイントができるだけ大きくなるように

意識するのが合理的かなと思っています。

【質問】この1時間の感情は、何点ですか?

うーん、85点。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました