ホーム / メールマガジン /

お客さんに支配される?

お客さんに支配される?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
コロナを克服し経済が急回復している中国が、

アリババの独身の日(11月11日)セールで、

爆売れしているとテレビで伝えていました。



まず「コロナを克服し経済が急回復」が

本当かどうかは限りなく怪しいところですが、

それは置いといて。^^;



日本の企業も頑張っているそうで、

花王や資生堂などが売上を伸ばしたそうです。

でも中国共産党ウォッチャーとしては、(笑

ちょっと危険な状況です。



例えば花王が、国内での売上が低迷し、

中国での売上が大半を占めるようになった時に、

何かしら政治的な問題が起きたとします。



以前は靖国参程度で揉めていましたが、

次は尖閣での武力衝突がありそうですね。

(中国は外国船舶への武器使用認める法律の草案を公表しました)



中国共産党にとっては政治と経済は一体ですから、

すぐに経済的な圧力をかけてきます。



すると経団連に所属している花王の社長は、

自社の存続のために、

政府に対して中国に譲歩してくださいと

言いたくなるかもしれません。

(花王は反日企業として叩かれた実績アリ)



図らずもコロナで顕在化しましたが、

中国人観光客に依存していた自治体や百貨店でも、

同じ問題が起きていますね。



そしてこれは中国に限らず、

エゲツない相手にビジネスをする場合には、

気をつけないといけません。



大手企業からこれまでにない好条件の仕事が舞い込んで、

浮かれてしまって既存客との縁が切れてしまったところで

大手企業が豹変。



単価の切り下げ、支払い条件の悪化、

最終的には買い叩かれての買収なんてことに

なるかもしれません。



経営の原則としては、

1社あたりの売上比率は最高でも25%以下に

しておかないといけません。

(中国の場合は政治的に中国一括りで1社)



好条件での仕事が舞い込んだとしても、

それはボーナス程度に思っておいて、

売上の軸足を完全に乗せてしまったり、

大規模専用投資をしてしまってはいけないのです。



【質問】売上構成が高すぎるお客さん、いませんか?



何者にも支配されない経営を、したいものですね。

この記事を共有する

コメントは締め切りました