ホーム / メールマガジン /

お客さんは苦労の元か

お客さんは苦労の元か

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「苦労して働いたお金」

という言い方がありますが、

私はあまり好きではありません。

この言い方をしてしまうと、

お金は苦労して得るものであり、

お金をもたらすお客さんは苦労の元、

ということになります。

苦労の元であるお客さんには会いたくありませんし、

当然喜ばせてあげようとも思いません。

とすると稼ぐのは難しくなりますし、

難しいことをやるのはやはり苦労です。

負のスパイラル。

そもそもの前提として、

苦労の量と稼ぎはまったく関係がありません。

だから徹底的に自分が楽をしつつ

稼げる仕組みを作ります。

例えばですが、私はほぼ電話に出ません。^^

お客さんのことだけを思えば早朝でも真夜中でも、

お客さんがわからないことがあれば、

電話で教えてあげれば親切です。

でもそんなことをすれば、

お客さんは私の苦労の元になってしまいますよね。

だから電話されても私は出ません。(笑

そのためにサポート付きセットには

1ヶ月のサポート期間を設け、

専用の問い合わせページを用意しています。

で、マニュアルをろくに読まずに質問してくる人には、

「まずはマニュアルをよく読んでください」

で終了です。^^;

私のお客さんは自助努力のできる人であり、

手取り足取り電話で教えてもらいたい人ではありません。

お、なんだかぜんぜんゆるくないぞ。(笑

まあ結局は単価設定とビジネスモデルの問題です。

商品単価が10倍だったら

電話サポートをしてもいいかもしれませんが、

その関係は私には重すぎます。

だったら今のままがいい。(笑

低単価でセルフサービスか、

高単価でフルサービスか、

自社の位置付けを確認してみましょう。^^

【質問】お客さんは、苦労の元ですか?

お客様は、神様です。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました