ホーム / メールマガジン /

お花畑で戦うか猛獣の檻で戦うか

お花畑で戦うか猛獣の檻で戦うか

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

企業が利益を上げるために一番大切なこと。

それはどうやって戦うかということではありません。

一番重要なことは、どこで戦うかということです。

私が中小企業経営者から相談を受けた際に最初に確認することは、

その企業がどの業界のどのポジションに属しているのか、

ということです。

時代時代において、儲かりやすい業界と儲かりにくい業界があります。

儲かりやすい業界にいるのなら正直なところ、

そんなにガッつく必要はありません。

ゆったり自然体で経営をしていても利益は出てしまいます。

例えば携帯電話が出回り始めたころ。

携帯電話を無料で配るだけで、大きな利益を得ることができました。

そのころにその業界にいたならば、なにも考えずに配って配って、

配りまくれでよかったわけです。

反対になにをやっても儲かりにくい業界にいると大変です。

今なら液晶テレビやスマホ業界でしょうか。

優秀な人材が朝から晩まで働いているライバルがごまんといる中で、

中小企業が満足いく儲けを出すことは至難の業でしょう。

私はそれぞれの業界が属している環境を、

ライフサイクルと参入障壁によって次の四つに分けて考えています。

1.市場が広がっていてライバルが少ない       →お花畑

2.市場は広がっているけどライバルが多い      →サバンナ

3.市場は狭まっておりライバルがひしめきあっている →猛獣の檻

4.市場は狭まっているがライバルは少ない      →砂漠

ちょっと長くなりそうなので、続きはセミナー教材の一部を抜粋しました。

3分ちょっとですのでどうぞご覧ください。^^

http://youtu.be/WSLJJiOFKIs

【質問】あなたの会社は、どこで戦っていますか?

もしいま儲かっていないとしても、創業時は儲かっていたハズです。

そして、これからは・・・?

この記事を共有する

コメントは締め切りました