ホーム / メールマガジン /

しまむらの三悪追放

しまむらの三悪追放

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

いまさらですがビデオで、カンブリア宮殿でやっていた

「ファッションセンターしまむら」の回を見ました。

「三悪追放」ということで「返品禁止、再値引き禁止、販売応援禁止」を

徹底しているとのことで、売込みに来ている下請けの営業さんの顔も

ホクホクしているように見えました。

商道徳としては当たり前の話しなのですが、

それだけ一般的には守られていないということなのでしょうね。

毎週のようにでっかくオープンするヤ●ダ電機なんかは、

この3つで成長してきたようなものですが現在の業績は急降下中です。

損得までの距離をどこに置くか、ということですね。

相手を痛めつけて一時的に業績がよかったとしても、

決して長続きはしません。

自分の任期だけ業績がよければいいサラリーマン社長ならば、

いかに下請けをいじめて業績を上げるかが重要です。

でも、組織が将来的に繁栄することを思えば、

いずれ自分の首を絞めることがわかります。

返品、再値引、販売応援を要求する相手には、

最初からそれを見込んだ見積りしか出せないのですから。

もしくはユ●ク●のように自分が創業社長だとしても、

退任してから業績が上がることに抵抗を感じてしまい新社長を更迭、

自分が社長に返り咲いてV字回復、それを格好いいと思ってしまう。

経営者になれていない商売人のままです。

下請けや社員をいじめているという噂が立ってしまった会社は、

間違いなく業績が急降下します。

ワ●ミもグーグルで検索すると「過労死」という言葉が出てきます。

栄枯盛衰。おごれる者は久しからず。

理想論のようでいて決してそんなことはありません。

いじめる立場にも、いじめられる立場にもなってはいけないのです。

【質問】現実は厳しくとも、理想に向かっていますか?

今日のメルマガは迷走の上、毒を吐いてしまいました。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました