ホーム / メールマガジン /

たくさん?すぐに?

たくさん?すぐに?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

あまり業績のよくない企業に共通する特徴があります。

それは、『言葉が曖昧』ということです。

一生懸命やっています、全力で頑張ります、

できるだけ早くやります、少し遅れそうです、

こうだと思います、お客さんからこう言われました・・・。

曖昧な言葉にはほとんどの場合、自己保身が入っており、

正確な事実を表していません。

業績の良い会社の社長は曖昧さを許しません。

一生懸命、全力、というのは何を持って言っているのか、その数字は?

できるだけ早く、少し、と言うのは何時何分のことか?

自分が思ったことでなく、お客さんが言った言葉をそのまま正確に教えて欲しい、

という具合です。

本質から離れるにつけ、言葉はどんどん大げさになってゆきます。

修飾語が「やたらと」多い報告書を書いてしまう会社は要注意です。

やたらと?うん?どのくらいの割合であるとやたらとって言うの?

という具合ですね。(笑

【質問】曖昧な言葉で事実を見逃していませんか?

半沢直樹の言う、倍返しと10倍返しの違いもよくわかりませんね。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました