ホーム / メールマガジン /

たじま、会社を立ち上げるの巻

たじま、会社を立ち上げるの巻

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
今日のメルマガは、

独立起業マニュアルに書いてある内容です。^^

     ↓

https://独立起業.com/




私が個人事業から会社に移行しようと

決めた理由は以下の4点です。



1)売上が伸びてきた

 売上が伸びてきたため、

 個人事業では使えない節税法(旅費規程・借上社宅)

 を取り入れたかった。


 → いやぁ、効果絶大です。(笑



2)社会的信用

 社会的信用度を上げることで、

 売上をさらに上げたかった。


 → おかげさまで現在8期めですが毎年増収増益です。^^



3)社会保険への加入

 マニュアル記載の国民年金の免除割合が減ったため、

 社会保険に加入し、妻を扶養に入れることで、

 保険料を削減したかった。


 → 実は・・・やり方によっては社会保険最高です。(笑



4)赤字の繰り越し

 個人事業では3年しか繰り越せなかった赤字を、

 長期間(10年)繰り越せるようにしたかった。


 → この恩恵はもう終わってしまいましたが、

   いつピンチがやってくるかわかりませんので。。^^;



3)の社会保険への加入については

それぞれの家庭の状況によりますが、

おおよそ利益が800万円を超えたら会社設立を

検討してもいいかもしれません。



また、脱サラ後、

個人事業を経ずに株式会社設立をする人もいますが、

経営者としての経験値、設立費用、消費税の免税期間を考えると、

あまり得策でないように思います。



なお私は会社設立の作業を、行政書士は使わず、

ネットのあるサービスを利用したのですが、

トータルの費用的にはこんな感じです。


システム利用料   7,560円 ネットサービス

電子定款作成料   5,000円 行政書士 ※

公証人手数料   50,000円 公証役場

定款謄本代金    2,000円 公証役場

登録免許税   150,000円 法務局

合   計   214,560円


※行政書士に電子定款作成のみを依頼することで、

 定款印紙代4万円を削減することができます



私は会社設立の作業を自分でやることで、

得する決算月の選び方や資本金の額の決め方など、

いろいろ面白いことを発見しました。^^



そうそう、

ちなみに当社の資本金は600万円なのですが、

これは100万円の現金と500万円分の現物出資で

構成されています。



現物出資ってなんだ?

どうしてそんなめんどくさいことしているの?

という方は起業前にこちらのマニュアルを

ご確認ください。^^

    ↓

https://独立起業.com/


※ 明日まで5%オフで購入できます。



【質問】会社、作っちゃいますか?



実は私、もう一社持っています。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました