ホーム / メールマガジン /

たとえ1人だけだったとしても見逃すわけにはいかない

たとえ1人だけだったとしても見逃すわけにはいかない

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

マーケティングの名著、

ロバート・チャルディーニ博士の

『影響力の武器』からの紹介です。

あるとき、

アメリカの内国歳入庁(日本でいう国税庁)が、

脱税に対して次のような交付を出しました。

「多くのアメリカ人が、

 支払うべき税金をごまかしている現状に対処するため、

 違反者に対する罰則を厳しくすることにした」

その結果どうなったでしょう?

1年後にはもっとたくさんのアメリカ人が、

税金をごまかすようになってしまいました。^^;

この交付が出されたことにより多くのアメリカ人が、

「税金をごまかしている人がたくさんいる」

ということを知ってしまいました。

すると、

「みんなが税金をごまかしているようであれば、

 自分もごまかした方がいい」

と考えるのはまあ当然ですよね。(笑

チャルディーニ博士は次のように述べています。

「多くのアメリカ人が、

 自分たちが支払うべき税金の金額をごまかしている」

という言い方ではなく、

「支払うべき税金の金額をごまかすような人は、

 たとえ1人だけだったとしても見逃すわけにはいかない」

という言い方をするべきだったと語っています。

これは中小企業の社内でも

やってしまいがちではありませんか?

例えば、

「営業会議の資料を前日までに出さなければいけない」

というルールがなかなか守られていない場合。

「多くの営業部員が資料の提出が遅れている」

ではなく、

「資料の提出が遅れるような人は、

 たとえ1人だけだったとしても見逃すわけにはいかない」

と言いましょう。^^

これは『社会的証明』という、

みんなが良いと言っていることやみんながやっていることを、

無意識的に正しいことだと信じてしまう人間の性質です。

例えばこんな言い方はどうですかね?

「このメルマガを読んでいる人の98.7%は、

 旅費規程を導入して余計な税金は支払っていません。

 でもたとえ1人だけだったとしても、

 余計な税金を支払っている社長を

 私は見逃すわけにはいかないのです」

真に受けないでください。(笑

【質問】社会的証明、使えませんか?

たとえ1人だけだったとしても、見逃すわけにはいかない。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました