ホーム / メールマガジン /

ちょっと深い目的と手段

ちょっと深い目的と手段

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私のミッションは、

「中小企業を元気にする」です。

ですがここ数年、

自分の中で少しニュアンスが違ってきました。

まだ言葉としてはしっくりきていませんが、

中小企業社長が本当にやりたいことを

応援したいと思っています。

会社を経営しているけど、

実は今の事業にもう面白みを感じていなくて、

本当は小説を書きたいとか、

とにかくもう何もしたくないとか、(笑

社長自身が会社に縛られず、

そんなことの応援ができればいいなと

思っています。

で、その応援の仕方ですが、

毎月顔を合わせてコンサルするとかではなく、

このメルマガを読んで勝手に気づいて、

勝手にうまくいっていただくのが理想です。(笑

この目的と手段の選択肢が狭い人が、

実は多い気がします。

国連で演説して話題になったグレタさん

という少女がいます。

彼女は温暖化だかCO2だか環境問題が

とにかく許せなくて、

激しい言葉で全ての大人を罵り、

怒りをぶつけました。

バックに環境活動団体がいるとか、

中国がいるとか言われていますが、

激しい演説が彼女の目的に対する手段です。

対してノーベル科学賞を取った吉野さんも、

環境問題解決の手段として、

リチウムイオン電池の開発をしたそうです。

(聞きかじっただけなので違うかも・笑)

つまりは同じ目的だったとしても、

手段(やり方)はたくさんあるんです。

中小企業を元気にするとか

大そうな目的を掲げたからといって、

大そうな手段を取らなくてはならない

わけではありません。(笑

世界平和でも貧困の撲滅でも、

あなたがそう願いささやかな行動をすれば、

世界は少しその実現に近づきます。

激しいのが好きな人は激しくやればいいし、

ささやかなのが好きな人はささやかにやればいい。

どんな目的を選ぶのも自由だし、

手段はもっと自由なのです。^^

【質問】目的と手段、凝り固まっていませんか?

ゆるっとやっても、大丈夫です。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました