ホーム / メールマガジン /

なくてはならない存在?

なくてはならない存在?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

先日、あるところで、

「お客さんのなくてはならないになる」

というような広告?決意表明?を見ました。

うーん、これまた困った表現ですね。^^;

私がお客さんの立場だったら、

特定の会社になくてはならない存在なんかになられたらたまりません。

特にコンサルタントや士業の人間は、自分の商売の安定のために、

お客さんの主業務の一部を取り上げてブラックボックス化して、

お客さんの会社にとって自らがなくてはならない存在になろうとしたりします。

例えば、ホームページを安く作ってあげるけど、

サーバーはこっちで管理するから毎月管理料をちょうだいね、

というようなモデルですね。

放っておいたら永遠にチュウチュウ吸われ続けることになってしまいます。

それが悪いモデルという訳ではありませんが、

私はどう思っているかというと、

なくてはならない存在なんて窮屈で、

正直まっぴらごめんです。

そうではなくて、

「いなくてもいいけどいてうれたら嬉しい」

と思ってもらえるくらいのポジションを居心地よく感じます。

ライトな日々のメルマガとしてはちょっと言い過ぎかもですが、

これは経営者が持つべき死生観の一部です。

いつでも死ねる準備ができているということ。

社長が絶対に必要で、

社長がいなくなったら潰れてしまう会社って、

社員に対しても取引先に対しても社会に対しても

無責任じゃありませんか?

ニーズでなくウォンツ。

必要だから求められる人(会社)は、必要性が無くなったら不要です。

引退したら誰も会いにきてくれない社長はたくさんいます。

でも感情としていて欲しい、ならば必要性は関係ありません。

「田島さんがいないと困ります」と言わせるのは二流です。

「いなくてもいいけど、いてくれるとちょっぴり頑張れます」

と言われるくらいがカッコいいですね。^^

【質問】社長は、なくてはならない存在ですか?

自分の居場所を、日々削ってゆくのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました