ホーム / メールマガジン /

なんとなくすごい肩書き

なんとなくすごい肩書き

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

先日、ある勉強会で、

生保のトップ営業マンという方の

お話を聞く機会がありました。

仰々しいプロフィールの中に、

「日本の保険営業マン約100万人のうち、

 約50名(0.005%) だけしか存在しない

 MDRT終身会員保有者」

とありました。

MDRTというのは生保の方の名刺に

わりとよく見かける気がするので、

どんなものか調べてみました。

MDRTは1927年に発足した

生保・金融のプロのための会員組織で、

1年間の成績証明を提出することで

入会できます。

入会資格は手数料ベース、

保険料ベース、収入ベースの

いずれか1つを自分で選べるそうです。

MDRT会員の中の上位資格に、

COT・TOTというものがあるので、

ざーっくり比べてみました。

<年間手数料ベース>

 MDRT:1,000万円

 COT:3,000万円以上

 TOT:6,000万円以上

<年間保険料ベース>

 MDRT:3,000円

 COT:1億円以上

 TOT:2億円以上

<年間収入ベース>

 MDRT:1,800万円

 COT:5,000万円以上

 TOT:1億円以上

なーるほど、

これでなんとなくランク感が見えてきました。

ちなみにMDRT会員は2019年は

日本で6,300人いるようです。

そしてMDRT終身会員は10年間承認されれば、

そのあとは成績を計上せずとも、

会費を払い続けることで終身会員資格を得られるそうです。

その終身会員資格を得ている人が、

50人しかいないということでしょうか?

「日本の保険営業マン約100万人のうち、

 約50名(0.005%) だけしか存在しない

 MDRT終身会員保有者」

というのはなんだか非常にうまい書き方です。(笑

そういえば私も自己紹介で、

「船井総研出身です」とか言いますが、

1年も在籍していませんでした。^^;

元上司から、

「船井出身て言うな」と言われそうですが、

まあ嘘ではない自己紹介のフックとして。(笑

ちなみに最上位のTOTになると、

世界で2,700人、日本で130人、

生保界の1万人に1人、上位0.01%だそうです。

私がよく一緒にお仕事をさせていただく大坪さん、

花田さん、五島さんなんかはきっとこの辺りで、

もしかしたら神の領域になるのでしょうか。(笑

中小企業の社長さんのところには、

生保営業の方がよくいらしていると思うので、

これらの肩書きの基準を理解しておくと、

相手の凄さを測るいちおうの目安になるかもしれません。

まあ成績がいい営業さんが、

お客さんにとって価値があるかどうかは

別問題かもしれませんが。(笑

【質問】よくわからない肩書きに、影響されていませんか?

生保業界の方、バラしてしまってゴメンなさい。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました