ホーム / メールマガジン /

わからないからこそ強く願う

わからないからこそ強く願う

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

松下幸之助さんのお話しにダム経営論というのがあります。

『経営というのは、ダムがいつも一定の水量をたたえているように、

 不測の事態に備えて、資金も人材も蓄えておかなければならない』

というものです。

松下さんがある講演会でこの話をしたところ、会場から

「われわれはそれができないから苦労している。

 どうすれば、資金や人材を蓄えることができるのか、その方法を教えてくれ」

と質問が出ました。

しばらく考え込んだ松下さんは、

「まず、蓄えがいると思わなあきまへんな。

 ダムはどうしたらできるのか私もよう知りませんのや。

 知りませんけども、まずはダムを作ろうと強く願うことですわ」

と答えました。

ミッションとは、会社の目的、使命、どんな社会にするために

自社は存在しているのか、と言うことです。

当社のミッションは『中小企業を元気にする』ですが、

どうやったらそれを本当に実現できるのかはわかりません。

ミッションを実現する一番簡単な方法を教えてください、

という質問はなんだかばかばかしいことはわかりますよね。

わかるのならやればいいのですから。

ミッションとは、実現しようとしまいと、強く願い、

そのために命を使う(使命)覚悟のことです。

【質問】資金も人材も、少しずつ蓄えていますか?

「見せてくれ、そしたら信じる」という人にはいつまでたっても見えません。

見えないものを信じるから、見えてくるものもあるのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました