ホーム / メールマガジン /

わがまま、気ままで可愛い奴ら

わがまま、気ままで可愛い奴ら

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

昨日のメルマガを読んでいただいた社長さんから

メッセージをいただきました。

そのメッセージがあまりにも私のツボだったので、

ご許可をいただいてそのまま紹介させていただきます。

【昨日のメルマガ】中小企業社長のためのコーチング質問集

 http://yurui-business.com/?p=3011

【質問】社員さんの話しを、どうやって聞いていますか?

 年3回、スタッフ全員と一人ずつ面談をします。

 今、スタッフは11名なので一人30分、

 かかる人は1時間でも話しを聞くので2日仕事です。

 でも、これをするから離職率が少ないと思います。

 みんなの思いを聞き、それをかなえるためにリクエストする。

 「やれ!」とは言わないです。

 「やって欲しいとリクエストする。

 普段からリクエストするのですが、お金を含めた話は、

 年3回(夏季、冬季ボーナスと、昇給相談時)行っています。

 私は、こう思っています。

 うちの従業員は最初から、「ウチの会社に来たい!」と

 思って応募した人は一人もいない、と!

 でも、来てくれたコトがありがたい。

 コッチがありがたいんです。

 雇ってあげているのではなく、関わってもらっている。

 僕のわがままに付き合ってくれている。

 だから、従業員のみんなと関わるんです。

 ちゃんと話を聞くんです。

 子供が「この親のもとに産まれたい!」と

 思えないのと一緒と思っています。

 ま、私にとって、従業員は子供ですね。

 わがまま、気ままで可愛い奴らです。

 と、こんな思いで私はやっています。

 ご参考まで!!

【質問】社員さんは、あなたの会社に入りたかった人たちですか?

「わがまま、気ままで可愛い奴らです」にたまらなく優しさを感じます。

この記事を共有する

コメントは締め切りました