ホーム / メールマガジン /

アメリカ大統領選のゆくえ

アメリカ大統領選のゆくえ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
アメリカの大統領選が大詰めですね。

関心のない人にとっては、

「トランプとバイデンだとどっちが日本に有利かなぁ」

程度かもしれませんが、

私は地球の未来を決める選挙になると思っています。



以前に書きましたが、

中国共産党は現在進行形でナチス・ドイツ以上の虐殺

をしている可能性が高いとても邪悪な存在です。



現在は自治区になっているチベット、ウイグル、

内モンゴルですが、中国の国内問題ではなく、

武力により奪い取られ弾圧されている地域です。



現在も日本の尖閣諸島をはじめ、

各方面で領有権を主張していますが、

もしその地を奪い取られたら財産はもちろん、

宗教、言葉、民族さえも残りません。

(尖閣諸島の場合は太平洋への航路と沖縄が危険)



さらに共産党は隣接地域だけではなく、

世界の国々に対して経済、諜報、ハニートラップ、

暗殺等ありとあらゆる浸透工作をおこなっています。



一つの例ですが、

アメリカNBAのあるチームのマネージャーが、

ツイッターに「香港と共に立ち上がろう」と投稿したところ、

中国が激怒。



NBAにとって中国は数十億ドルの市場のため、

NBAは直ちにこれはあくまでも個人の意見であり、

NBAは関与していないという声明を発表し、

英語と中国語で謝罪しました。



このように中国共産党に都合の悪いことは、

言わせない空気を作っています。



で、大統領候補のバイデンさんは、

思いっきり中国共産党に絡めとられています。

事例を上げるとキリがないですが、


・ウイグル弾圧のための監視システムを提供


・エネルギー企業幹部であり数千億円の報酬を受け取り、

 アメリカのエネルギー産業を規制


・オバマ、バイデン政権時代に中国の南沙諸島進出を黙認し、

 軍事基地化させてしまう(ここでも中国から数千億円を授受?)



もしバイデンが勝ったら、

中国共産党の覇権主義(独裁主義)に待ったをかける存在が、

いなくなってしまいます。



ちなみに修理に出したバイデン息子のノートパソコンから、

バイデン&バイデン息子の小児性愛の画像や動画が

わんさか出てきているのですが、

アメリカでもその報道はほとんどないようです。



大手メディアだけでなくFacebookやTwitterも、

バイデンに不利な情報は徹底してスルー、

検閲している状況です。



中国共産党のせいで、

世界中でメディアが役立たずになり、

報道の自由が失われています。

(対中国でずっと戦ってきた台湾だけが、

 中国の嘘を発信し続けています)



中国はコロナを制圧して経済成長を再開したという、

中国共産党の嘘を日本のマスコミはそのまま流しています。

日本はもうダメでこれからは中国の時代、

とかいうのも危険な洗脳ですね。



ここまで書いておいてなんですが、

私はトランプさんが勝つと見ています。



トランプさんに圧倒的勝利をしてもらい、

早期に中国共産党の独裁体制を崩壊させて、

少なくとも圧政や弾圧のない世界を願っています。



【質問】世界で起きていること、知っていますか?



人ごとでは、ないのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました