ホーム / メールマガジン /

アンケートのふりをした広告

アンケートのふりをした広告

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

先日、

フェイスブックのアンケート機能で、

アンケートを取りました。

Q.どっちの考え方が、ピンときますか?

 1)起業したばかりなら、節税はまだ必要ない

 2)起業直後から、節税は必要

2日間で12件の回答があり、

1)は4件、2)は8件でした。

回答を見て、

「ふむふむ、なるほど」

という部分はもちろんありますが、

今回の意図は違います。

実はフェイスブックで

アンケートが取れることを知り、

アンケートを取るふりをして、

広告、もっと言えば見込客教育が、

できるかなと思ったのです。^^

今回は選択項目が2つしか設定できなかったので

こうなりましたが、

本当は次のようにしたかったのです。

Q.あなたはどの節税法を、知っているまたは取り入れていますか?

 1)税金がかからない社長のポケットマネーを作りだす「旅費規程」

 2)家賃30万円の家に6,404円で住める「住宅規程」

 3)ゴルフ、スポーツクラブ代を合法的に経費化する「福利厚生規程」

 4)社長にボーナスを出して社会保険料をガツンと削減する「役員賞与」

ちょっと極端ですが、

これを読まされただけで、

「そうなの?!」と思う人はいますよね。^^

住宅展示場で物件を見る前とか営業のプレゼン前に、

こういったアンケートを取るといいですね。^^

あと、

「起業したばかりなら、節税はまだ必要ない」

という方へはこう伝えています。

確かに起業したばかりの最優先は、

売上を上げることです。

しかし2年、3年とたち、

事業が軌道に乗り、納税の痛みを知ると、

いつでもどこでも領収書を欲しがるようになります。(笑

でもまとまった金額の領収書なんて

なかなか集まりません。

ところが、

起業時点から旅費規程・住宅規程を導入しておけば、

年間300万とか500万の領収書を

貯め込むことができます。

年間400万を3年続けたならば1,200万円。

仮に4期めに1,200万円の利益が出たとすれば、

税額はざっくり360万円です。

赤字の繰越は10年までできるので、

4期めに支払うはずだった360万円の税金を、

丸々打ち消す効果があるのです。

んー、あんまり説明がうまくないなぁ。^^;

まあ上場したいとか、

いっぱい税金を払いたいならば、

わざわざめんどくさいことはやめておきましょう。(笑

【質問】アンケート風広告、使えませんか?

あまりわざとらしくない程度に。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました