ホーム / メールマガジン /

アンダーグラウンドであるべき商品

アンダーグラウンドであるべき商品

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

積極的な広告に、

適する商品と適さない商品があります。

適する商品は万人受けする、

前向きな商品。

適さない商品はできれば隠れて使いたい、

アンダーグラウンドな商品。

八王子あたりを車で走っていると、

歯科医院の広告で、

矯正のビフォーアフター写真が、

大きな看板で出ています。

私はそういう写真が苦手なので、

その看板を見るたびに「うわっ」

という気持ちになります。^^;

また私の『旅費規程活用マニュアル』などは、

知っている人だけが知っている的なポジションです。

そのため「公明正大、一点の曇りも許さない」

という考えの人からすると、

目にも入れたくないでしょうから大々的な広告は適さず、

自ら検索した人が見てくれるくらいで十分です。^^;

まあそういった類の商品であっても、

広告をすればその分売れるでしょう。

でもそれ以上のアンチを生んでいるようでは、

必ずどこかで足元をすくわれ、

将来的な取り分は少なくなってしまいます。

自分と現在だけでなく、

他人と未来にも気を配りましょう。

【質問】利益以上のアンチを、生んでいませんか?

何事も、バランスなのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました