ホーム / メールマガジン /

エビングハウスの忘却曲線とザイアンスの法則

エビングハウスの忘却曲線とザイアンスの法則

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

なんだか新人のコンサルタントが、

ドヤ顔で言いそうなタイトルです。(笑

■エビングハウスの忘却曲線

 人は体験した出来事を20分後には42%忘れます。

 1時間後には56%、1日後には74%、1週間後には77%、

 1ヶ月後には79%を忘れている。

「美味しい!また来よう!」

と思っても二度目がないお店って結構ありますよね。

それは「どこに行こうかな?」

と思った時に忘れられているからです。

だから忘れられないための工夫が必要です。

お客さんの属性によってメルマガがいいのかLINE@がいいのか

継続的に接触する仕組みを作ったり、

もしくは最初に一週間で3回とか連続で来て貰う仕組みを作って、

常連になって貰うのもいいですね。^^

売上が上がらない一番の理由は、

商品、サービスを気に入って貰えなかったことではなく、

忘れられてしまったからかもしれません。

■ザイアンスの法則

 ロバート・ザイアンスはアメリカの心理学者で

 「単純接触効果」を提唱。

 人は知らない人には冷淡で攻撃的だが、

 何度も会えば会うほど好意を持つようになる。

会えば会うほど好きになる、

これは自然なことですね。

私は初めてお会いしたメルマガの読者さんから、

「初めて会った気がしない」とよく言われます。^^

この2つを合わせて考えると、

「足繁く通う営業さんは有効」

ということになります。

あとは私も意識しているのですが、

「いつも同じ時間」

というのもポイントだと思います。

いつもの時間に来なかったら、

「あれどうしたんだろう?」

と心配してもらえるようになったら

素晴らしいですよね。^^

どうも最近の傾向として、

動かない営業さんが増えている気がします。

深く考えずに動き続けていれば成果が出ます。

まあ暑いですけど。^^;

優良見込み客に定期的に接触しましょう。^^

【質問】エビングハウスで、ザイアンスですか?(笑

毎日コツコツ、お客さんにリーチするのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました