オシャレの正体 | 中小企業コンサルティング ゆるビジ☆
ホーム / メールマガジン /

オシャレの正体

オシャレの正体

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
あなたはオシャレですか?(笑

オシャレとかオシャレじゃないという会話はありますが、

オシャレって具体的にどういうことか、

説明できますか?



オシャレはフォーマルとカジュアルのバランス、

崩し、外しでできています。


フォーマル:暗い色のスーツをイメージ

カジュアル:明るい色のジャージやスウェットをイメージ



休日の街を想像してください。


例えばミリタリー柄を好きな人が、

全身ミリタリーで揃えたら、

それは自衛隊の人です。


ワークウェアを好きな人が、

全身ワークウェアがで揃えたら、

それは職人さんです。


スーツスタイルを好きな人が、

全身スーツで揃えたら、

それは休日出勤の人です。



つまり何か一つのスタイル100%すると

それはオシャレではなく、

ただの「◯◯の人」になるわけです。(笑



だからオシャレというのは、

なんらかの要素がミックスされているのが前提です。

でも何の考えもなしにゴチャゴチャに混ぜてしまうと、

当然それはダサい人になってしまいます。^^;



じゃあゴチャゴチャじゃないバランスは何かと言うと、

フォーマルとカジュアルを理想は7:3に持ってゆくことです。

その割合はこんな感じ。


トップス:3.3

パンツ :3.3

小物  :3.3



例えばジャケット(フォーマル)+

ジーンズ(カジュアル)+革靴(フォーマル)は、

フォーマル6.6:カジュアル3.3なのでオシャレに見えます。^^



もしくは一見フォーマルに思える

ジャケットとスラックスでも、

明るい色や柄だとカジュアル要素が入るので

オシャレに見えます。

あとはポケットチーフとか明るい色の

ワンポイントもオシャレですね。^^



そしてもう一つの鉄則は、

全体のシルエットです。


・Iライン:上下とも細い

・Yライン:上はボリューム、下は細い

・Aライン:上は細い、下はボリューム



Aラインはオシャレ上級者なので、

初心者は考えてはいけません。(笑



ということは、

下は細いのさえ履いておけば、

上は細くてもボリュームがあってもどっちもOK。



そして細く見えることが重要なので、

膨張色の明るい色よりしまって見える黒がおすすめです。



細い&黒はフォーマルなので、

素材はジーンズ素材でカジュアルにしておくと、

パンツ1本でフォーマルとカジュアルのバランスを

実現することができます。^^



また細いパンツを履き慣れていない人は

窮屈に感じるのでストレッチ素材が

履きやすいですね。^^



つまり細めの黒ジーンズさえあれば、

上はフォーマルなジャケットでもオシャレ、

カジュアルなTシャツでもオシャレ、

なにを着てもそれなりにオシャレに

見せることができるのです。(笑



経営とは関係ない内容ですが、

中小企業社長はオシャレの方が、

業績が良かったりします。(笑



【質問】オシャレの正体、わかりましたか?



最近、DSQUARED2というブランドの

穴あきジーンズにハマっています。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました