ホーム / メールマガジン /

キャッチコピーとキャッチフレーズ

キャッチコピーとキャッチフレーズ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

キャッチコピーとキャッチフレーズ。

似たような言葉ですがその違いが分かりますでしょうか。

大辞林によるとこういうことらしいです。

■キャッチコピー
 「消費者の心を強くとらえる効果をねらった印象的な宣伝文句」

■キャッチフレーズ
 「宣伝・広告などで、人の心をとらえるように工夫された印象の強い文句。
 うたい文句。惹句」

キャッチコピーの方が宣伝的な要素が強いようですが、

そう大きな違いはなさそうです。

ところが・・・、

インターネットの世界では大きな違いがあります。

それも3倍以上です。

いったいどういうことでしょうか?

グーグルの月間検索数を見てみるとこうなっています。

■キャッチコピー    9,900件

■キャッチフレーズ  33,100件

キャッチフレーズはキャッチコピーの3.34倍多く検索されているのです。

普段の生活ではそう大きな違いがなさそうな言葉であっても、

インターネットを使ったマーケティングをする場合、これは大きな差です。

直感で判断せず、調べてみることが大切ですね。

【質問】インターネットの世界で、その言葉は適切ですか?

ちなみに美容院は1,220,000件、美容室は18,100件です。

圧倒的な差ですね。

この記事を共有する

コメントは締め切りました