ホーム / メールマガジン /

コロナ後の世界

コロナ後の世界

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
いよいよ緊急事態宣言が出ましたね。

人と会わないことが重要な事態なんて、

考えたこともありませんでした。



今回の新型コロナをどうにか乗り越えた後も、

きっとまた次のウィルスが出てきたりして、

この流れは続く気がします。



そうなるとビジネスも娯楽も、

今までとは違った形になりそうですね。



CMを見ていると、

学習塾の先生がすぐそばで勉強を見てくれていて、

問題が解けたらハイタッチとか、

保険の窓口で相談して握手とか、

今の状況からすると危なっかしく

思えるものがけっこうあります。^^;



極端なことを言えば、

学校の先生はオンライン授業にすることで

教科ごとに日本に1人いればいいとか、

医者の診察もネットでできるようになれば、

社会の効率はかなり上がるはずです。



まあそこには業界の利権やら族議員やらなにやらあって、

なかなか進まなそうですが、

年寄りほど重症化しやすいコロナの性質は

そういう意味(?)なのかなと思ったり。。



選挙も変わりそうですね。

ネットでの選挙活動の解禁やネット投票とか。

そうなれば政治も変わります。



私も落ち着くまで床屋は行かないと思うのですが、

もしその間にセルフカットの術を覚えたならば、

コロナ明けでも床屋さんに行く回数は減るかもしれません。



首をすくめてどうにかコロナをやり過ごしても、

そこはこれまでと違った社会の入り口です。

日本の歴史は80年周期で大きな変革が起きています。


1620年:大坂夏の陣→豊臣家が滅び江戸幕府

1700年:江戸大地震、宝永大地震、富士山噴火(1703年)

1780年:浅間山噴火(1783年)、天明の大飢饉→寛政の改革(1787年)

1860年:黒船来航(1853年)、明治維新(1868年)

1940年:太平洋戦争(1941〜45年)

2020年:東日本大震災(2011年)、新型コロナ?



この変革が起こると、

社会階級の上下逆転が起きます。



1860年では武士が没落し商人が隆盛。

1940年では軍人が没落し国民が隆盛。

2020年は上級国民が没落し、

これまで日の目を見なかった人たちが隆盛するかもしれません。



【質問】コロナ後の世界は、どんな世界ですか?



社会の変革を、見定めましょう。

この記事を共有する

コメントは締め切りました