ホーム / メールマガジン /

コンサルが嫌なこと

コンサルが嫌なこと

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

コンサルをしていて思うのが、

自分はあまり有効なアドバイスができていないし、

クライアントは自分の話しを聞いてくれているわけじゃないけど、

クライアントの業績が上がってゆき、

クライアントは喜んでいるケースについて。

最高です!(笑

でも実は、私がコンサルタントとして駆け出しの頃、

これは一番、いやーな状況でした。^^;

自分の存在意義を感じられない、

いつ契約解除を言い渡されるかわからない。

むしろうまく行きゃなきゃいいのに・・・?!

とまではもちろん思いませんでしたが。。(笑

もちろんクライアントはコンサルタントのために

存在しているわけではなく、

自らの望む世界の実現のために日々頑張っています。

コンサルタントがいくら全力で支援したところで、

その力は微々たるもの。

でもその微々たる力を持って全力で支援すること。

結局のところ、

自分のために仕事をしているのか、

相手のために仕事をしているのか。

相手のために仕事をしているならば、

自社の商品にこだわる必要はありませんよね。

かと言って自分が食えなくなっちゃうと困るので、

お客さんの立場と自社の立場でいったりきたり。。(笑

そうならないためには、

十分な見込み客を見つけられる仕組みと、

紹介できる先を持つこと。

ということはつまりマーケティングの力です。

私の好きな会社は、

いい商品を作っているのに売る力が弱い会社。(笑

作るだけじゃなく、

売るのも一生懸命やりましょう。

そうすれば本当にお客さんのための仕事ができますよ。^^

【質問】誰のための、仕事ですか?

儲けたければ、お客さんのための仕事をしましょう。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました