ホーム / メールマガジン /

コンサルタント、辞めました

コンサルタント、辞めました

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「中小企業コンサルティングゆるビジ☆」と、

名乗っていますが、実はここ数年、

コンサルティングのクライアントを

一社もとっていません。^^;

あれ?わたし、もう、

コンサルタントではないですかね。。(汗

私が考えるコンサルタント像は、

クライアントの願いを実現する魔法使い。

そしてできるならクライアントが

願っている以上の世界を見せた上で、

叶えてあげたい。

「いやいや何を言ってるんですか。

 社長ならもっとできますよ。

 例えば・・・」という感じ。

そのためならば、

けっこう泥くさいこともやってきました。

怒鳴ったり、脅したり、

泣いたり、叫んだり。(笑

それに対し、

ここ数年の私のセルフイメージは、

「キッカケを与える人」。

それも相手が私だと気づかないくらいのキッカケ。

だからコミットもしませんし、

怒鳴ったり泣いたりもしません。(笑

ただ淡々と、

相手の人生が良くなることを信頼して、

できるだけ小さなキッカケを与え続けます。

例えば旅費規程とかのマニュアル販売。

これも対象の会社、社長、そこで勤める人たち

の人生がより良くなればと願って、

理論を構築し、マーケティングをしています。

たまぁに、

「買ったけどまだやっていないんですよー」

と言う社長がいらっしゃいますが、

言っちゃ悪いですが私はぜんぜんOK。^^

購入する、

というキッカケをつかんだ社長には

メルマガを解除しない限り、

どこかのタイミングで取り入れるキッカケを

与え続けます。

ビジネスに限らず、

旅先でたまたま出会った人でも、

その人の人生がより良くなるための、

小さなキッカケになれたら、

私は嬉しいです。^^

【質問】何かのキッカケに、なっていますか?

なんだか浮世離れしていますね。^^;

浮世離れしたリアリスト。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました