ホーム / メールマガジン /

コンサルタントの使い方

コンサルタントの使い方

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

社長の頭のメモリの99%は常に雑務に食われています。

銀行や税務署の対応をしたり、お客さん、仕入先からクレームがあったり、

裁判沙汰があったり、さらには社員から社長自身の弱い面を非難されたり、

信頼していた社員から手ひどい裏切りを受けたり、

普通の人間なら正気を保つことが難しい状態に常にさらされています。

そして残された1%で、売上を上げたり改革をしたり、

新しいことをし続けなければならない過酷なポジションであることに

間違いありません。

私がもしマネジメントが必要な社長をやる時がきたら、

間違いなくコンサルタントを入れるでしょう。

自分の頭のメモリの99%が食われた状態で、正気を保ち、

まともな判断をできる自信がないからです。

コンサルタントを社長の頭の回転を補う外部メモリとして活用することで、

実際に作業をしてもらっている訳ではないのに、

それまでできなかったことが加速度的に進むようになることはよくあります。

私は実際には実務まで突っ込んで作業をしてしまう方ですが、

コンサルタントの使い方としては作業を期待するより、

インスピレーションの相手として使ったほうが

はるかに業績が上がるでしょう。

【質問】話していてインスピレーションが湧く相手はいますか?

コンサルに限らず、そういう経営者仲間など、大切にしてゆきたいですね。

この記事を共有する

コメントは締め切りました