ホーム / メールマガジン /

ゴールを決めて進捗を見える化する

ゴールを決めて進捗を見える化する

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

クライアントの会議での話しです。

営業担当者の伝票発行のルールが守られていないため、

後工程で問題が発生している。

上司が気がついたら注意しているんだけど

なかなか改善しないとのこと。

そこで私は問題の発生状況を見える化するように

アドバイスをしました。

例えば部署の壁にこんなグラフを大きく貼り出します。

1月 ××××××××××××

2月 ×××××××××

3月 ×××××

4月 ××××××

6月 クレーム発生3件以内

6月 クレーム発生2件以内

7月 クレーム発生ゼロ!

×は後工程からのクレームの内容を色分けしたり、

クレームを出した人の名前を書き込んでもいいでしょう。

そしていつまでにゼロにするのかをチームで共有すること。

ゴールを決めて、進捗が見えれば、対策を打ちやすくなります。

ゴールも決めず、進捗も見えなければ、関心を持てません。

そしてクレームの内容に偏りがあれば、

そうならないための仕組みを考えます。

クレームを出す人に偏りがあれば、

というより、こういう場合、

特定の人の問題であることが多いです。

周りの人も最初からそれがわかっているのですが、

当の本人は周りの人にはわかっていないと思っています。

それを明確に見える化してあげます。

そうすることで、本人に気づいてもらえば、

まずはいいのではないでしょうか。

たいていは、関心が薄いことが問題なのです。

【質問】ゴールと進捗は、共有されていますか?

私は塗り絵式の棒グラフを作るのが好きです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました