ホーム / メールマガジン /

サラリーマン社長、商売人社長、経営者社長

サラリーマン社長、商売人社長、経営者社長

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私はこれまで、社長には2つの種類があって、

商売人社長と経営者社長がいると主張してきました。

商売人社長:エネルギッシュで商売上手

      反面、我に固執してしまい他者(社員)の違いを許せない

経営者社長:自らの商売のセンス、我は手放し済み

      ミッション、ビジョンの実現と会社の利益以外のことにはこだわらない

      反面、強烈なエネルギーには欠ける

で、事業として軌道に乗るためには、

最初は商売人のエネルギー、我が必要でありそれが成功要因なのですが、

年商が3億前後を超え社長の管理能力を超えたとき、

社長の商売人としてのエネルギーや我は、反対に失敗要因になる、

という考え方です。

ただ、ここからが最近の気付きなのですが、

商売人社長の前に、エネルギーや商売のセンスを持っていない

サラリーマン社長もいるなと。。

サラリーマン社長とは真面目に一生懸命やっているんだから、

月末にはきちんとお金が入ってくると思ってしまっているタイプです。

真面目に一生懸命やっているから確かにそこそこはいくのですが、

でも根底に流れる発想はサラリーマンと同じです。

経営者社長になりきれていない社長を商売人社長と分類していましたが、

特に大企業、役所から脱サラした社長や2代目社長など、

そもそも商売人社長でもなかった・・・という分類ですね。^^;

だからいつまで経っても忙しさ、

頑張りの割に大して儲かりませんし、

事業の明るい先行きを想像(創造)できません。

まあサラリーマン社長や商売人社長が悪いと言っているわけではなくて、

そういう軸の分類で見た場合、

自分がどの位置にいるのかをまずは知ってもらいたいということ。

で、ここからさらに私の持論なのですが

(最初から全部そうですね。^^;)、

商売人はセンスであり、経営者は学習です。

つまり、学習ならば後天的に身に着けるべきものですが、

センスは持って生まれたものなので、

サラリーマン社長が後から商売上手になることは少々考えにくいのです。

ではサラリーマン社長は稼ぐことができないのでしょうか?

そういうことではありません。

商売人社長が努力して手放すべき商売のセンス、我を

最初から持っていないのですから、

もしかしたら経営者社長により近いのかもしれません。

(我を手放せないサラリーマン社長はとても厳しいですね。^^;)

その代り、より人を見る目を養い、

人とのご縁を大切にする必要があります。

苦手なことを、助けてもらえる自分になるのです。

【質問】あなたは何社長ですか?

商売下手なコンサルタントも、実はたくさんいますね。。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました