ホーム / メールマガジン /

スピーチで緊張しない方法

スピーチで緊張しない方法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「近々スピーチをしなくてはならないけど、

 自分は極度のあがり症で、

 視線を受けながら立って話すことが大の苦手」

というご相談をいただきました。

ちなみに私、

ほとんど緊張しません。^^;

でも当然最初からそうだったわけではなく、

いくつかの気づきを得てそうなりました。

そこで緊張しないための考え方をいくつか、

考察してみようと思います。

ちなみに私のスピーチデビューは、

自分が入社前の大学4年時の2月に、

内定者20人に丸2日間の研修です。^^;

(さらに中堅社員40人にも半日)

1.聴講者をカボチャだと思う

 うん、元気なカボチャがいっぱいならんでいるな。

 以上。(笑

2.聴講者をダメなおじさんだと思う

 偉そうに座って聞いていても、

 家に帰ればきっと、

 奥さんにブーブー言われている

 私と同じダメなおじさんなんだろ、

 と思う。^^;

3.緊張するのは自分矢印だから

 緊張するってことは、

 失敗して恥をかきたくない、

 ダメなやつだと思われたくないという

 自分矢印の状態。

 でも本当に相手のために話すならば、

 自分が恥をかこうがどう思われようが、

 関係ないはずですよね。

 むしろ恥をさらした方が相手のためになるならば、

 進んで恥をさらすぐらいの気概です。(笑

自分がどう思われるかではなく、

相手のためにいいと自分が思うことを全力でやること。

そう考えれば失敗なんて何もないのです。^^

【質問】緊張、しますか?

どうせ誰も、聞いていません。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました