ホーム / メールマガジン /

ダメっこ社員の退治法

ダメっこ社員の退治法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

テキパキと的確な指示を出す社長の元には、

ダメっこ社員が集まります。(笑

これは社長がわるいとか、

社員がわるいとかではなく、

組織の力学です。

社員を一人前にしようと、

社長が張り切れば張り切るほど空回り。

社員はますますダメっこになってゆきます。^^;

ダメっこ社員は

上に社長がいるから安心して

自分はダメっこでいられます。

田島の経験則から、

この状態からの脱出法を2つ、

お伝えします。

1)社長が旅に出る

 社長が1週間か2週間か、

 旅に出て連絡がつきにくい状態を作ります。

 もちろんいろいろトラブルは起こるでしょうが、

 トラブルを通してダメっこは成長してゆきます。^^

2)ダメっこ社員の下を作る

 自分より下の存在を作り、

 いつまでダメっこでいられない状態を作ります。

 人件費もかかりますし、

 何人か潰してしまうでしょう。

 それでもダメっこを成長させる覚悟が、

 社長には必要です。

自らの頭で考え、

結果に責任を持つようになれば、

ダメっこは卒業です。^^

小さな会社であっても、

社員をダメのままでいさせない、

組織の力学を理解しましょう。

【質問】ダメっこは、いませんか?(笑

ダメのままで、いさせない。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました