ホーム / メールマガジン /

ドッグフードとキャットフードはどっちが儲かるか?

ドッグフードとキャットフードはどっちが儲かるか?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

想像してください。

あなたが料理をしていたら不思議なことに、(笑

めちゃめちゃ美味しいペットフードが完成してしまって、

犬も猫も大喜び。^^

でも資金力がないからまずはネットで売りたい。

そんな時にどう売ってゆけばいいのか、

考えてみましょう。

まず検索する人の気持ちになってみると、

「ペットフード」というのは考えにくいです。

だって自分の眼の前に犬か猫がいて検索するのですから、

「ドッグフード」か「キャットフード」になりますよね。

グーグルの「ペットフード」の検索件数を調べてみると、

月間3,600件、広告の推奨単価は102円です。

それに対して「ドッグフード」の検索件数は、

月間12,100件、広告の推奨単価は86円、

「キャットフード」の検索件数は、

月間9,900件、広告の推奨単価は62円です。

検索件数は市場ニーズの大きさ、

広告の推奨単価は競争の激しさを表します。

「ペットフード」は市場ニーズが小さいのに、

競争が激しいレッドオーシャンということがわかりますね。

そして「ドッグフード」と「キャットフード」では、

「ドッグフード」の方が市場は大きいですが、

競争が激しいことわかります。

さらに月間検索件数を推奨単価で割ると、

広告費1円あたりの検索件数が出てきます。

ドッグフード :141件

キャットフード:160件

検索件数も推奨単価も刻々と変わってゆきますので、

誤差の範囲かもしれませんが、

どうやらキャットフードの方が勝ち目がありそうですね。^^

また犬猫の個別の種類にまで分けて調べたりすると、

さらに違う結果が出るかもしれません。^^

勝ちやすさ = 市場ニーズの大きさ × 競争の激しさ

ちなみに検索件数はこちらのサイトで、

カンタンに調べられます。^^

    ↓

■Ubersuggest
 https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

あなたのビジネス周りのキーワードの検索件数を、

まずは調べてみましょう。^^

【質問】市場ニーズの大きさと競争の激しさを、把握していますか?

勝つための、方程式です。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました