ホーム / メールマガジン /

ドラッカー5つの質問(2/2)

ドラッカー5つの質問(2/2)

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

昨日に引き続き、ドラッカー『5つの質問』の

3、4、5番目の質問です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478006547/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478006547&linkCode=as2&tag=yurubusi01-22

質問3.『顧客の価値は何か?』

 顧客は自社のどこの部分に価値を感じているのでしょうか?

 品質?

 コスト?

 納期?

 小ロット?

 なんでも揃うこと?

 営業に対する姿勢?

 他にないから仕方がなく?

 ただ何となく?

 往々にして自社が考える価値と

 お客さんが感じている価値は違います。

 実際にお客さんに聞いてみて、

 さらにライバル会社についても同様の評価をしてみましょう。

 そうすることで自社の価値が明確になるでしょう。

質問4.『われわれにとっての成果は何か?』

 成果とはどれだけ売上が上がったか、

 利益が残ったかということではありません。

 『自分たちの仕事によって、顧客がどれだけ良くなったか?』

 これが企業にとっての成果です。

 注文を受けたから納品しました、これは成果ではありません。

 顧客が昨日より今日、今日より明日、

 良くなることが自社にとっての成果なのです。

質問5.『われわれの計画は何か?』

 使命と顧客、顧客にとっての価値、成果が明確になったら、

 それを実現するための計画が必要です。

 そしてその計画は、実現するための道のりの中で、

 社員の成長を計るものでなければいけません。

 顧客だけでなく社員たちについても、昨日より今日、

 今日より明日、良くなることが自社にとっての成果なのです。

 良くなることとは、

 どこでも通用する業務能力だけでなく人間的な成長、

 暮らしも含めてと考えましょう。

【質問】あなたの会社の主語は、「われわれ」ですか?

「うちの部(課)」が目立つようならば、要注意です。

この記事を共有する

コメントは締め切りました