ホーム / メールマガジン /

ネット上の自動販売機の作り方

ネット上の自動販売機の作り方

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
まずはコンテンツを作ります。(笑

「それが難しいんだよ」と言われそうですが、、、^^;

自分の業界では当たり前だけれど、

お客さんが知らないで損をしていることをまとめます。



ボリュームのイメージですが、

本に書いてあることが100としたら、

コンテンツは10から20くらい。



勘違いする人が多いのですが、

ボリュームをめちゃくちゃ多くする人がいます。



お客さんが欲しいのはコンテンツそのものではなく結果です。

A4用紙1枚読めば結果が出るのが理想です。



ちなみに私が販売している旅費規程活用マニュアル2.0も、

全部で30ページくらいです。

だから理解しながら読んでも20分くらい。^^



あとコンテンツを作るのに注力しすぎて、

売るための力が残っていない人も多いです。

コンテンツを作る労力が50だとしたら、

売るための労力も50は残しておかなくてはいけません。



そう考えるとコンテンツは完璧でなくても構いません。

紙の本を出版するわけではないので、

随時バージョンアップをしてゆけばいいと考えましょう。^^



コンテンツを完成させたら販売ページを作ります。

こんな感じのページですね。^^

    ↓

https://独立起業.com/




レンタルサーバーを借りて、

独自ドメインを取得して、

ワードプレスで作成します。



ここでハードルが高い人は、

私は使ったことありませんが、

ペライチとかでもいいかも。



この段階でコピーライティングという技能も少し必要になりますが、

わざわざ学んだりしなくても、

まずは売れていそうなサイトを参考にすればいいでしょう。



価値のないものをコピーライティングで

無理やり売っても続きません。

本質的な価値をわかりやすく伝えましょう。



次に決済システム。

私の場合は商品数が多いしメルマガも発行しているので、

こちらのトーマスを使っています。^^

       ↓

https://tpl-zanmai.com/dl/entry/e/yYHSNEGb1pnEvfHW/9699/




でも最初の1つで売れるかどうかわからない、

という場合、まずはインフォカートの決済システムを

使うのがおすすめです。



販売する商品数が3つ以上になったら、

メルマガ配信、決済手数料、顧客管理の面からも、

トーマスがおすすめです。^^



ここまできたら放っておいても爆売れで、

毎日チャリンチャリン!

なーんてことは当然ありません。(笑



まず販売ページにアクセスがありません。

なので広告を出します。

といっても広告はけっこう高度なスキルなので、

成果をあげられるまでにかなりの時間がかかります。



そこで自分の商品と相性のいいお客さんを

既に持っている人と仲良くなります。^^

例えば中小企業の社長向けの商品を売りたいならば私とかね。(笑



で、その人のメルマガで紹介をしてもらいます。

その時の紹介料の相場は・・・

生々しいのでここでは書くのをやめておきます。^^;



ネットビジネスというと、

ドライでシステマチックな印象を持つ人も多いと思いますが、

実際はもろに人間関係の世界なんです。(笑



で、商品が売れたら私のこのメルマガのように、

メルマガを配信してゆきます。



メルマガ配信はお客さんの属性や商品によりますが、

1件につき年商1万円のイメージです。

なので1,000件だと年商1,000万円、

1万件だと年商1億円くらいのポテンシャル。



ちなみに私のメルマガ配信件数は

中小企業社長を中心に約2,700件。

ということは・・・?(笑



【質問】ネット上の自動販売機作成マニュアル(仮)、欲しいですか?



欲しい人が多いようなら作成を考えますので、教えてください。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました