ホーム / メールマガジン /

ネット上の自動販売機

ネット上の自動販売機

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私の仕事はかなりの部分が自動化され、

そしてすでに完了しています。

どういうことでしょうか?

まず「旅費規程」とか「就業規則雛形」とか、

中小企業の社長が検索しがちなキーワードの商品をつくり、

複数ネット上に配置します。

いま見ると12の商品がありますね。^^

これらはメインサイトでの販売のほか、

http://社員解雇.com のように、

漢字ドメインでその商品専用のサイトをつくってあります。

で、お客さんが商品を購入する際、

カード決済ならば私はなにもやることがありません。^^

私には決済情報のメールがきて、

お客さんには商品のダウンロード情報のメールが即座に飛びます。

私は「ありがとうございます」と思うだけ。(笑

銀行決済の場合は少しやることがありまして、

私には銀行振込での購入申し込みがあったメールがきて、

お客さんには「いつまでにこの口座に振り込んでください」

というメールが飛びます。

で、お客さんが振込をしてくれると、

銀行から振込があった旨のメールがきますので、

銀行のサイトを開いて振込名と金額を確認し、

販売システムのトーマスの未入金リストと突き合わせます。

http://yurubusi.com/tomas/

金額に問題がなければ「ありがとうございます」と思ってから、(笑

トーマスの『承認』ボタンを押すだけ。

するとお客さんには商品のダウンロード情報のメールが飛んで終了です。

この作業はiPhoneからもできますので、

出先でも布団の中でも、

できるだけ早くお客さんに商品を届けることが可能です。^^

ちなみにサポート付きセットの場合には、

お客さんからの質問は専用のサポートページから来ますので、

メールのように見落とすことがありません。

このモデルのいいところは、

商品が売れた時点で私の義務はほとんど終了していることです。^^

コンサルティング支援をよくしていたころは、

受注をしたらそこがはじまりで、

嬉しさと身が引き締まる思いと大変さが

同時に押し寄せてきました。(笑

つまり頑張って受注すればするほど、

売上にはなりますが、

自分の身をすり減らすことが見えています。。^^;

なのでコンサルタントとかあん摩マッサージ指圧師とか、

自分が動かなければ売上にならない人には、

売り切り商品をまずは1つつくって、

ネット上で販売してみることをオススメします。

例えばちょっと腕のいい大工さんが、

カッコいい犬小屋のDIYマニュアルとか作ったら、

面白いですよね。^^

さらに英語版で、

和風の犬小屋の作り方マニュアルを作れば、

海外でも売れるかも。

この方法を取り入れることで、

売上を上げながら集客にもつながるという、

新しい世界が開けるかもしれません。

【質問】自動販売機、欲しいですか?

まずは無理やり一つ、作ってみることです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました