ホーム / メールマガジン /

パクられ事案について

パクられ事案について

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
なかなかの頻度でお客さんから、

「田島さん、パクられていますよ!」

というご連絡をいただきます。



10年もやっていると、

日本全国、方々の方から、

パクられています。。



パクりを発見すると、

専門の弁護士と相談をして、

その後の作戦を立てます。



正直なところ全体の構成を見れば、

「ああ、パクっているな」

ということは一瞬でわかります。



あと私が作ったオリジナルの言葉を、

そのまま使っていたり。。



そういう場合は弁護士から、

警告を送って貰います。

そうすると大抵の人は引き下がり、

金銭的なやり取りもなく終了です。



でも中にはコピペレベルでパクっておいて、

知らぬ存ぜぬの人もいますので、

そういう場合は法的に徹底的に叩きます。



ただ、パクりの方って、

あんまり、というかほとんど売れてないんですよね。

だから解決金をもらったところで、

弁護士費用にあてるだけです。



まあそれでもやらざるを得ないのは、

上っ面だけパクって間違えた解釈をしてしまい、

それを伝えている場合は明らかな害悪です。



あと私自身、

わりとお堅い会社に勤めていたこともあり、

ビジネス的なパクり行為を許せず、

きっちりしておきたいんですよね。。



もしパクっているという自覚のある方は、

弁護士からお手紙が届く前にしれっと取り下げるか、

ご一報ください。



代理販売とかコラボとか、

なにかしらの前向きな方法を考えられるかもしれません。



後になればなるほど、

パクりを元に売上を上げれば上げるほど、

解決金が高額になってゆきますので。。



【質問】パクられたら、どうしますか?



いい弁護士、紹介します。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました