ホーム / メールマガジン /

ビジネスの井戸

ビジネスの井戸

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
毎日大きなバケツを抱えて

川まで水汲みに行っている

2人の若者がいました。



1人の若者がある朝言いました。

「毎日まいにち、

 死ぬまでこんなことをやっていられない!

 俺は井戸を掘る!」



もう1人の若者に一緒に掘ろうと提案しましたが、

「井戸を掘っても水が出るかどうかわからない。

 水汲みに行けばその日の分の水は必ず手に入るから」

と言って断られました。



そこで若者は井戸を掘り始めました。

毎日の水汲みの後ですからそりゃ大変です。



最初は掘り方もわからなかったり、

掘る場所を間違えていたり、

大変な思いをしましたが、

数年後、どうにか井戸は完成しました。



この井戸のおかげで、

井戸を掘った若者は水汲みに行かずにすみ、

ご近所に水を分けることで

収入を得られるようにもなりました。



余裕が出てきたので

井戸が枯れたときにそなえて、

何本かの川から用水路を引きました。

するといつの間にか水に関する不安はなくなっていました。



そして数十年後、

2人の若者は年寄りになっていました。



井戸を掘り、用水路を引いた若者は、

井戸や用水路の掘り方を人に教えたりして、

悠々自適に暮らしています。



一方、井戸掘りを断った若者は、

長年の重労働で身体がそろそろ限界ですが、

今でも毎朝水汲みに行かなくてはなりません。



下手な寓話を作るまでもなく、

これはオンライン自動販売機を構築しませんか?

という話です。(笑



あなたは毎日まいにち、

水汲みに行っていませんか?

それはコンサルティングだったり営業だったり、

施術だったり作業だったりするかもしれません。



もちろん井戸を掘るのは大変です。

かといって老人になってもずっと

水汲みに行き続けるのも大変です。



どちらも大変ではありますが、

せめて人生の選択として、

自分で主体的に選ぶ必要があります。



今回のコロナ禍を機に、

あなたにビジネスの井戸が掘れますように。



【質問】ビジネスの井戸、掘りますか?



決して楽じゃないけど、掘る価値があります。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました