ホーム / メールマガジン /

マジで恥ずかしい過去のニュースレターを公開

マジで恥ずかしい過去のニュースレターを公開

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

今日も過去のニュースレター

(2009年12月)からのそのまま転載です。

        ↓

■ゆるビジ☆ニュースレター合冊版
 https://yurui-business.com/contents/newsletter/

うわぁー!

いま見ればツッコミどころ満載で超ハズカシー!

こういう恥ずかしい試行錯誤をたくさんして、

今があるわけですね。(笑

***************

前回のゆるビジ☆ニュースレターでは、

田島が作成している

『社員の手取りを増やして、会社の人件費を減らす』

マニュアルの販売価格について、

価格調査のお願いをさせていただきました。

ご協力ありがとうございます。

まず価格調査の結果ですが・・・

どうもうまく数字が出なかったです。

14人の中小企業社長さんにアンケートを答えていただいたのですが、

5万円、10万円という回答をいくつかいただき、

価格が上ぶれしすぎました。

そんなわけで価格調査については、

今回はいったん脇に置きました。

ご協力いただきました方には申し訳ありません。。

そんなわけで価格については感覚的に、

19,800円と29,800の2パターンでテストFAXをしてみました。

結果は・・・・思いっきりズッコケましたっ!

12月9日(水)に次の4パターンを、

ハローワークで人材募集をしていた

長野県の中小企業2,000件にFAXしました。

A:19,800円 代金引換 ×500件

B:29,800円 代金引換 ×500件

C:19,800円 代金後払い ×500件

D:29,800円 代金後払い ×500件

通信中や番号違い等があり、

着信率は約90%で約1,800件へ着信。

申込数ゼロ。

FAX不要の返信が10件(0.55%)。

かかった費用17,000円。

目標1%で20件、

最低0.1%で2件の申し込みが欲しかったのですが、

まったくのゼロでした。

で、送ったFAXをよく見直してみました。

【失敗要因1】田島個人から送られたFAXであること

組織っぽくしなければと思っていましたが忘れていました。。

そりゃ個人からは買わないよな。。。

そこで、

『手取アップ総合研究所』

『全国中小企業給料最適化協会』

のような組織名を名乗ろうかと考えています。

わざとらしくないような名称・紹介のアイデアがありましたら

ぜひご伝授ください☆

@@@@@@@@現在の案@@@@@@@

手取アップ総合研究所

税理士・社労士双方が提案しにくい狭間の情報を提供。

税金と社会保険料のムダをなくし、社員の手取りアップと

会社の人件費削減を実現。元気な会社づくりを応援します。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

またはもっと誠実に個人の経歴で勝負をするかです。

さらに、連絡を受けたくなかったために、

FAX番号とホームページアドレスしか載せていませんでしたが、

それじゃあ怪しすぎですね。

きちんとした組織らしく見えるようにします。

【失敗要因2】1発で売ろうとしたこと

たぶん、失敗要因1の理由がデカすぎるので、

こちらの影響は分かりませんが、

やはり申込ゼロ件というのは問題でしょう。

というわけで手抜きをやめて、

FAXでいったん無料小冊子を請求して貰って、

その後マニュアルを売っていくという

2段階に変更しようと思います。

【失敗要因3】緊急性が薄まったこと

当初の案は『来年4月1日から』というように表現していましたが、

私の認識不足が発覚し『11年1月から』というように変更しました。

これではいつなのかよくわからない話です。

そこで年が明ければ『来年1月から』という表現にできますので、

再チャレンジを年明けに設定します。

【失敗要因α】自己の掘り下げ不足

うまく言えませんが、自分がやりたいことの掘り下げが

まだ十分にできていない気がします。

自分から見た自分がしっくりきていないならば、

他人から見た自分は情けないものでしょうね。

自己の掘り下げは正月の課題です。

とまあ、今回は田島の失敗事例報告でした。

情けない話ですが、2万円程度のトライアルで

自分なりの教訓を得られたことを分かち合えたらと思います。

賭けをするのに農場全てを賭ける必要はありません。

牛の一頭か二頭を賭けて望む結果が得られるようにするべきです。

徹底的にやれば、10回に1回は当たることでしょう。

【質問】恥ずかしい過去は、ありますか?

失敗こそが、いいネタになります。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました