ホーム / メールマガジン /

マンガでわかる教育システム

マンガでわかる教育システム

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

文化庁の平成25年度「国語に関する世論調査」で、

1か月に大体何冊くらい本を読んでいるかを尋ねました。

http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/pdf/h25_chosa_kekka.pdf

その結果、「読まない」の割合が 47.5%と最も高く、

次いで「1〜2冊」の割合が 34.5%、

「3〜4冊」の割合が 10.9%、

「5〜6冊」の割合 が 3.4%、

「7冊以上」が 3.6%だそうです。

ちなみに平成14年度調査と比較すると、

「読まない」の割合は10ポイント増加しているとのこと。

私がクライアントの社員さんに聞いてみても、

やっぱり本を読む人は多くありません。

スマホでYouTube等、お手軽に楽しいインプットが

しやすくなったからかもしれません。

そうはいってもやはり良質なインプットをしていただきたいので、

でもとっつきやすく、マンガでわかるシリーズの本を使った

社員の教育システムを考えました。^^

■アマゾン マンガでわかるシリーズ
 http://yurui-business.com/manga

・社員に読んでほしいマンガでわかるシリーズの本を本棚に10冊用意する

・縦に本の名前、横に社員の名前の一覧表を作り本棚の近くに貼る

・本を借りる社員は該当箇所に○印を付ける

・読み終わって返却したら●印に塗りつぶす

・1ヶ月程度の期限を決めて一番早く読みきった人にはトップ賞

・読みきれなかったか一番遅い人には罰ゲーム

トップ賞は社長のポケットマネーで、

ちょっといいところでゆっくりランチをしてくる権とか、

罰ゲームは社長と二人でランチとか、(笑

社内の雰囲気によって盛り上がれるように考えましょう。

さらにハイレベルな仕組みを考えるとこんな感じです。

・本を読んだ感想を発表またはレポートで提出したら◎印にしてポイントアップ

・各自毎月1冊ずつ購入して本棚を充実させてゆく(マンガ以外でも可)

・相手にとって学びになるであろう本を互いに勧め合う

こんな仕組みをもし1年間回したら、

社員さんの感覚もだいぶ生まれ変わるでしょうね。^^

結局のところ、

社員さんに成長していただくことでしか、

会社の成長はありません。

かといって成長するのは社員さん自身でしかないので、

最初は強制の要素があったとしても、

会社はきっかけを与え続けるのです。

【質問】こんな仕組み、使えそうですか?^^

マネジメントとは、仕組みを作りきちんと回すことです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました