ホーム / メールマガジン /

ミッションへの挑戦者

ミッションへの挑戦者

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

社員の忠誠をどこに求めるか。

社長個人に忠誠を求めるのが商売人社長、

組織のミッションに忠誠を求めるのが経営者社長です。

商売人社長から経営者社長になるための

最初のハードルがここにあります。

商売人社長は自分が基準ですからある意味楽ちんです。

ここは右!今度は左!と自分基準で号令をかけている状態です。

これはパッと見、強力なリーダーシップを

発揮しているように見えます。

しかし本当に経営者として必要な判断をしているのではなく、

社員の判断の機会を奪っているという見方もできます。

経営者社長はミッションが基準ですから大変です。

全ての物事を、自分が判断するべきかどうかを含め、

ミッションに基づいて判断をする必要があります。

ミッションの前では社長も社員と同じ挑戦者なのです。

【質問】社員は社長を見ていますか?

    それとも組織のミッションを見ていますか?

社長が日々、社員から質問されている内容がその答えです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました