ホーム / メールマガジン /

メメント・モリ

メメント・モリ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
志村けんさんが亡くなりました。

心からご冥福をお祈りします。



今回のコロナ騒ぎで哀しい思いをしている人は

世界中にたくさんいるはずですが、

志村さんの訃報により、

死をより身近に感じられるようになった人が、

増えた気がします。



キリスト教絵画では髑髏(ドクロ)を

モチーフにした作品が多くあります。

美しい女性とか花とか綺麗なものの中に、

突然髑髏が出てきてビックリします。



キリスト教絵画での髑髏は、

『メメント・モリmemento mori=死を想え』

という宗教的な意味を持つ象徴だそうです。



髑髏を見ることで、死は常に身近な存在であり、

自分が必ずこの姿になることを一時も忘れてはいけない、

という意味です。



鎌倉時代の禅僧道元もこのように言っています。

『志ある人は、人間は必ず死ぬ、ということを知っている。

志のない人は、人間が必ず死ぬ、ということを知らない』



マーケティングの世界では締切りのないものは

売れないと言われています。

仕事だって締切りがなければ終わらないでしょう。



しかし人生には確実に締切りがあります。

それは明日かもしれません。



メメント・モリmemento mori(死を想え)。

一番大切にしていること、

やりたいことをやりましょう。



【質問】今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方ですか?



いつ、誰に、何があっても、後悔のないように。

この記事を共有する

コメントは締め切りました