ホーム / メールマガジン /

ヤナ奴には売らない、客にさせてやらない

ヤナ奴には売らない、客にさせてやらない

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

ヤナお客さんていますよね?

●とにかく価格を値切る

●雑用を押し付ける

●言葉、態度が悪い

立場が弱くなりがちな中小企業では

よくある話しだと思います。

●とにかく価格を値切る

 価格を値切って値切って、

 どうしても利益を出させてもらえないお客さんは、

 それはお客さんではありません。

 赤字の仕事であればやらない方がましです。

 「赤字の仕事があるから儲かる仕事も取れる。損して得取れですよ」

 的なことという営業さんがいますが、

 実際に得まで取っている人を見たことがありません。

●雑用を押し付ける

 また雑用も純粋なコストです。

 きちんと原価に算入しなければなりません。

 お客さんから言いつけられた雑用をせっせとして、

 新規開拓をしない言い訳に使っていたりします。

●言葉、態度が悪い

 お金を払うということは、

 そのお金に見合う価値を認めているということでは

 対等の関係のはずです。

 ところが態度、言葉遣いが悪いと言うことは、

 代替可能と下に見られているわけです。

まったくもう、嫌になっちゃいますよね。

どれもこれも、他にお客さんがいないから、

足下をみられています。

だったら多くの会社から「ぜひ売ってください」

と言われるレベルまで、

商品力、マーケティング力を高めるしかありません。

もちろん「今すぐに」には無理かもしれません。

でも半年後か、1年後か、3年後か、それを目指して

会社の実力を高めるしかないのです。

そして、

『ヤナ奴には売らない、客にさせてやらない』

で済む会社になりましょう。

【質問】ヤナお客さん、いませんか?

そんな人の相手にするために、商売をしているわけではないはずです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました