ホーム / メールマガジン /

ライバルを蹴落として顧客を一網打尽にする方法

ライバルを蹴落として顧客を一網打尽にする方法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

いやぁ、よろしくないタイトルですねぇ。(笑

先日、ネット広告で見かけたものをもじったものです。

一網打尽かどうかはともかく、

こういう意識で仕事をしている社長って

いるのでしょうか? ^^;

サラリーマン社会では、

ライバルを蹴落とすことで出世をしようとする人を

何人も見てきましたが。。^^;

こういう場合は、

自分矢印ではなく相手矢印で考えます。

お客さんのためを考えた場合、

供給者は互いに切磋琢磨して

より良い提案をしてくれることを望んでいます。

お互いに蹴落としあうようなことは望んでいません。(笑

むしろそんなことをしようとする会社は

遠ざけたいですよね。

例えば私が、

「他のメルマガは嘘ばっかりです!」

「私以外の言うことは聞かないでください!」

とか言ったら興ざめです。^^;

むしろ私のスタンスとしては、

いろいろな情報収集をする中の一つとして、

やや極端な視点をお伝えするので

ご参考にしていただければ幸いです、

という感じです。(笑

あ、ただ、

市場のシェアを50対50で争っているような場合には、

ライバルを蹴落としたくなる気持ちもわかります。(笑

でもせいぜい数パーセントのシェアを争っている中小企業の場合、

ライバルなんて関係ないので、

お客さんをより満足させることを考えた方が早いです。^^

サラリーマン社会でも、

同僚を叩いてないでお客さんを満足させて稼いでくれ、

というのが社長の本音です。

でも社長って意外と、

社員同士のネガティブキャンペーンに

振り回されたりするんですよねぇ。^^;

誰かが誰かのことを話す場合、

話しているという事実があるだけで、

内容は事実ではないかもしれません。

うーん、、

どうにもまとまりがつかなくなりましたが

まあそんな感じで。。(笑

【質問】誰を見て、仕事をしていますか?

お客さんを幸せにして、自分も幸せになるのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました