ホーム / メールマガジン /

ライフタイムバリューを先に決める

ライフタイムバリューを先に決める

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

あなたのお客さんの、

ライフタイムバリュー(LTV)は

いくらかわかりますか?

日本語にすると生涯顧客価値ってやつで、

1人(社)のお客さんから、

生涯いくらの利益がもたらされるか

ということです。

例えばエステサロンをやっていて、

平均客単価が3万円で粗利が半分、

平均来店回数が10回だとすると、

LTVは15万円です。

この数字がわかると

様々な施策を打てるようになります。

一人のお客さんを獲得するために、

15万円までは出してもいいわけです。

もし15万円の広告を出して、

初回の売上が3万円しかないと大損した気になりますが、

実はここがゼロ地点です。

(広告費15万円=LTV15万円)

広告を改善することで来店人数を増やし、

接客や商品ライナップを改善することで

平均来店回数を伸ばしてゆきます。

そしてこれは法人営業でも同じで、

「相手によって様々だからLTVは決められない」ではなく、

「初月30万円から始まり最終的には月間300万円で、

 年間2000万円×5年の顧客を開拓する」

と先に決めればいいのです。

そうすれば初月30万円の仕事のために

動いているのではなく、

5年間で1億円を生み出す仕事のために

動いていることがわかります。

もちろん計算通りにいくわけはないのですが、

このように決めることで営業先の事業規模も決まりますし、

営業の行動量、必要人数も割り出せますよね。

LTVはこれまでの実績から算出する方法もありますが、

意志を持って決めちゃえばいいと思います。^^

【質問】あなたのお客さんのLTVは、いくらですか?

有り難〜い金額が、出てくるはずです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました