ホーム / メールマガジン /

リーチできる手段はあるか

リーチできる手段はあるか

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
オンライン自動販売機を作ろうとした場合、

自分が売りたい層にリーチできる手段があるか

どうかが重要です。



たとえば「資産10億円以上のお金持ちに

めっちゃいいサービスがあるから売りたい!」と思っても、

どこに行けばそういう人たちがいるかわかりません。



そういうコミュニティがもしあって、

主催者に紹介してもらえるのが一番ありがたいのですが、

そうではない場合はオンライン広告を検討します。



オンライン広告にはいくつか種類がありますが、

見込み客のレベルによって

使い分ける必要があります。



<見込み客のレベル.1>

何も問題点を感じていない。



<見込み客のレベル.2>

なんらかの問題点を感じているが、

解決策がわかっていない。


例)税金の負担が重い



<見込み客のレベル.3>

問題点を感じており、

解決策があることもわかっているが、

商品がわからない。


例)税金の負担が重く、

  旅費規程で節税できることはわかっているが、

  具体的にどうやればいいのかわからない



<見込み客のレベル.4>

問題点を感じており、

解決策があることも知っていて、

そのための商品が販売されていることも知っている。


例)税金の負担が重く、

  旅費規程で節税できることはわかっていて、

  そのためのマニュアルが売られていることも知っている



レベル.1はオンライン広告ではなく、

テレビや雑誌などの広告でしかリーチできません。

ハズキルーペのイメージですね。



レベル.2は例えば中小企業社長など、

問題(ニーズ)がありそうな属性を指定した

Facebook広告が有効です。



レベル.3はFacebook広告に加え、

自ら解決策を検索するため、

Google、Yahoo!の検索エンジン広告が有効です。



レベル.4は商品の存在まで知っているので

検索エンジン広告が有効です。



このように考えると、

資産10億円以上のお金持ちは、

レベル.4で検索しがちなキーワードで

引っ掛けるしか方法がなさそうです。



「資産運用」ではベタすぎるでしょうし、

そもそもネットをそれほど見なそうなので、

やっぱりリーチするのは難しそうですね。^^;



オンライン自動販売機構築マニュアルでは、

そのあたりも解説しています。^^



【質問】見込み客に、リーチする方法はありますか?



オフラインでのリーチも、当然アリです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました