ホーム / メールマガジン /

世界の成功者たちが毎日同じ服を着るワケ

世界の成功者たちが毎日同じ服を着るワケ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

今日のメルマガはこちらのサイトから、

ネタを借りました。^^;

http://curazy.com/archives/57692/

アップルの共同創業者スティーブ・ジョブズは

生前、黒のタートルネックにジーンズ、

足下はスニーカー。

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは

日々お決まりのグレーのTシャツや、

黒のパーカー、ジーンズ。

そして米オバマ大統領は、

ほぼ毎日同じスーツを着ることで知られています。

オバマ大統領はこんなことを言っています。

「私は常にグレーか青色のスーツを着用している。

 こうすることで私が下さなければならない決断の数が減るんだ。

 何を食べるか、何を着るか決める余裕はないし、

 他に決断しなくてはならないことが山のようにあるからね」

彼らは余計な決断を極力せずに、

重要な決断のみに焦点を絞っているようです。

さて、中小企業の社長である

あなたはどうでしょう?

昨日、いくつ決断しましたか?

それは本当に社長が決断するべきこと

だったでしょうか?

ビシッ!バシッ!っと

的確な指示を出してゆくリーダー像を持っている社長は

あまり大きなことはできません。

大きなことができるのは、

部下が自信を持って行動できるように

育てられる社長です。

それはゆったりどっしり構える社長像でもいいですし、

ちょっとダメで皆から助けられる社長像でも構いません。^^

そしてゆったりどっしり社長、

ちょっとダメ社長に重要なことは、(笑

ナンバー2が権力欲に酔わずに、

さらに下の部下に権限を移譲できるように、

仕組みを作ることです。

ナンバー2に権限を移譲した結果、

そこでブラックボックスを作られてしまい、

大きくつまずいてしまう会社は少なくありません。

頼りになる番頭さんは会社の強みかもしれませんが、

経営的にはリスクです。

人は誰だって、

もしかしたら今日にも死ぬかもしれませんし、

それは社長も同様です。

お客様、取引先、社員に対して責任を果たすため、

属人的なブラックボックスのない、

きちんとした組織を作るのです。^^

【質問】社内にブラックボックスは、ありませんか?

ブラックボックスは、自信の無さの現れだったりします。

この記事を共有する

コメントは締め切りました