ホーム / メールマガジン /

中小企業社長が今できるベストの選択

中小企業社長が今できるベストの選択

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

役員賞与活用マニュアルの恩恵に一番あずかれるのが、

60(〜65)歳以上のシニア世代社長です。

仮に月給を100万円もらっていたとします。

すんごいざっくりですが、

そうすると社会保険料が会社で15%、

本人に15%かかります。

つまり会社は115万円出しているのに、

社長の手元には85万円しか入っていないわけです。

で85万円から所得税と住民税が差し引かれます。

各種控除の状況にもよりますが、

手取りは65万円くらいでしょうか。

115万円が65万円・・・。

「50万円はどこに行った?」

という感じです。^^;

そしてさらに、

今もたくさん給料をもらっているから、

これまで納めてきた厚生年金は1円ももらえないのです。

それではシニア世代社長が

『役員賞与活用マニュアル』を使うとどうなるのか?

「社会保険料の削減」と「年金の復活」を

同時に手に入れることができます。

詳しくはマニュアルを見てもらいたいのですが、

会社が社長に対して負担している

人件費(給料+社会保険料)をうん百万円下げるけど、

社長は社会保険料も安くなるし年金も復活するから

実際の手取りは変わらない、という方法です。

会社としてはうん百万円の利益創出ですので、

そのお金を使って新たな投資をしてもいいし、

若い人材を採用してもいいでしょう。^^

「自分はまだ年金を受け取る年齢じゃないから関係ない」

と思われている人もいるかもしれません。

でもそのまま高い給料で社会保険料を払い続けても、

将来、厚生年金は1円も受け取れませんよ?

結局はこの方法を選択せざるを得ないのです。

未来永劫この方法が使えるとは思いませんが、

中小企業の社長が今できるベストの選択だと私は思っています。^^

『役員賞与活用マニュアル』を値上げ前に購入できるのは

今夜23時59分までです。^^

    ↓

https://役員賞与.com/

【質問】1円も受け取れない厚生年金を、いつまで払い続けますか?

今できるベストの選択を、しましょう。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました