ホーム / メールマガジン /

中小企業社長のヤバイ行動リスト

中小企業社長のヤバイ行動リスト

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

昨日のメルマガ「バカッター・最高のバカ発見機」

http://yurui-business.com/?p=4088

を読んでいただいた何人かの社長さんから

「監視をすることを考えます」というメールをいただきました。

ただ私としては、すべての対象者にきちんと宣言をしてから、

マネジメントの仕組みの一環として取り入れることを

お勧めいたします。

以下は私がこれまで聞いたことのある、

中小企業社長のヤバイ行動リストです。

・昼休みに誰もいない暗いオフィスで、
 女性社員のカバンを物色している現場を見つかる

・家族を朝礼に参加させて挨拶させないと、
 家族手当を出さない謎ルールを特定の社員に発動

・社員の田舎で不幸があったので、
 皆の前で気前良く何万円か渡しすぐに向かわせたはいいが、
 何も言わず次の給料で差し引く

・社員の結婚式に呼ばれ、そこでの扱いに不満があったらしく、
 新婚旅行から帰ってきたら降格していた

・三顧の礼で優秀な人材を引っ張ってきては、
 初日からダメ出しをしまくって叩き出す

・社会人経験も常識もない息子をいきなり部長として入社させ
 社内は大混乱。結果、社員の上から半数が退職

・社長の愛人(お婆さん)が突然役員として入ってきて、
 猛威を振るい数ヶ月で完全崩壊

うーん、ヤバいですねぇ。。^^;

これらは私のコンサル経験ではなく、

友人知人の実体験として聞いた話しです。

下の2つについては身内可愛さですが、

上の5つについては社員に対する余計な関心、

過干渉が見て取れます。

最近どこかの議員さんが女子中学生に粘着して

「キモい」と言われて怒っていましたが、

TwitterやFacebookの「監視」も本気でやりだすと、

そんなキモくてヤバい行動リストに入ります。

社員は社員、自分は自分と、

どこか切り離した飄々とした心持ちでないと、

社長という立場は勤まらないのかもしれません。

【質問】飄々と、していますか?

自分を、磨くしかないのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました